smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
profile
イベント

こんにちわプロジェクト in 茶寮zappa
■開催日程
2008年4月5日(土)・6日(日)
am10:00~pm7:00
(最終日のみ終了時間pm5:00)

■開催場所
茶寮zappa

磐田市中泉514-3
TEL.0538-35-8758
http://zappa.k-server.org/
 
new entries
categories
archives
recent comment
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

春のお干菓子



春のお干菓子SETには
こんなかわいいお干菓子が入っていますよ。

at 14:49, connichi-wa, 販売

comments(0), -

イベント限定コラボ商品 part2

part2は江戸初期創業の和菓子屋さん、
菓子司・近江屋さんとのコラボ商品の紹介です。

う、美しい。安易な表現ですが.. 食べるのがもったいない...
でも食べちゃいました。うぅ、おいしいー!
近江屋さんは原材料にも大変こだわっていて
「北海道あずき100%のあんを使って和菓子を作っているんだよ」
とお話してくださいました。
食品偽装のよくないNEWSが飛び交うさなか、
こんなに丁寧につくられた和菓子を口にできることは
大変幸せなことだと思いました。
近江屋さんありがとう。ずっとこのおいしさを伝えて欲しいです。

さて、今回のconnichi+WA×近江屋さんのコラボ商品、
お菓子SET 2種類を企画しました。
まずは「春のお干菓子SET」
江戸初期創業だけあって、歴史ある木型をたくさん
所有していらっしゃる近江屋さん。店頭にも季節のお干菓子が並びます。
その中から、connichi+WAがセレクトしたお干菓子を詰め合わせにました。
桜に蝶にツクシ、タンポポなどなど 細かな細工やグラデーションの美しい
華やかなお菓子たちが箱いっぱいに詰め込まれたSETです。


2つめは「春の生菓子SET」です。
こちらは、コラボ用につくっていただいた季節の生菓子が
4つ入ったSETです。この4つのセレクト、近江屋さんにお任せしたのですが
季節・味・色合いなどすべてのバランスが取れた
すばらしいSETになっています。
今回のイベント開催場所の磐田市にちなんだ和菓子も作ってくださいました。
名前は「つつじの里」つつじ公園も花盛りですしね♪

そして、桜の花びらをかたどった「ひとひら」

「春の水」


あともうひとつは、会場にて発表いたします。

connichi+WA×近江屋さんのお菓子SET、どうぞ、お楽しみに!

at 21:10, connichi-wa, 販売

comments(2), -

イベント限定コラボ商品 part1

イベント限定コラボ商品 part1と題して
前回ご紹介した京染和紙・浅井長楽園さんと
connichi+WA project のコラボ商品をご紹介します。
...と言っても、商品は只今製作中ですので途中経過を!

今回のコラボに使用する和紙はこれです!
浅井長楽園さんの何百とある型紙から、
connichi+WAが考える和のイメージに近い柄を選びました。
モダンな細縞に決定。
小花柄や小紋柄の和小物ではなく、もう少しスタイリッシュに
普段持ち歩いても違和感のないものと考えました。
次は色決めです。connichi+WAのキーカラーは赤・白・グレーの3色なので
商品もこのカラーで3色展開に決定。
でも単純に赤・白・グレーと言っても仕上がりをイメージし
型染めと型刷りの手法を選ばなければいけません。

〈型染めと型刷りの違いについて〉

 型染めは、初めに防染のため糊置きをします。次に顔料で染めます。
 最後に水洗いをして色を抜いたものです。
 型刷りはいろんな色で型紙を使い色刷りしたものです。

〈柄と色について〉
 柄が200種以上、色が20色以上あります。
 その組み合わせにより、和紙ができあがります。

...ということは、200種類以上ある柄からの柄選び→
型染めか型刷りかを決めて→20色以上ある色からの色選び...

この途方もない作業を浅井さんの的確なアドバイスで難なくクリア〜♪
今回は型刷りの3色展開に決定しました。
(浅井さん、長い時間おつきあいいただいてありがとうございました。)



決定した和紙をどの商品に展開するかの検討会を開き
何が欲しいかをまじめにそして楽しく検討。以下の商品を製作中です。

◎茶筒
 ミニ茶缶のセットです。こんなモダンな缶は見たことがありません。
 お茶だけでなく、いろんな楽しみ方をしていただきたいと思い制作しました。
◎ブックカバー&しおりセット
 和紙の温かさと細縞のモダンさが見事に融合!
 大人の読書時間におすすめです。
◎箸置きセット
 和紙にニスコーティングしてあるので紙とは思えない丈夫さがあります。
 愛らしい一品です。
◎紙管
 紙でできた小さな筒です。メッセージカードを入れて
 プレゼントに添えてみたり、サプリを入れて携帯したり、使い方いろいろ。
 何十種類の柄の中からお好きなものをお選びいただけます。
◎和紙
 今回のコラボ用にご用意した和紙です。
 そのままランチョンマットとしてもお使いいただけます。
 もちろん、切ったり張ったり、あたらしい使い方で!
◎京染和紙うちわ
 イベント用にセレクトした柄と色でうちわを作成しました。
 ちょっと早い夏の準備ですが、この機会にぜひお手に取ってご覧ください。

文章でご紹介するのは、難しいですね〜
手作業の和紙作り...温かさと伝統の技術を感じていただけたらうれしいです。
connichi+WA project のモノづくりのコンセプトは
「小さな和に触れてもらうこと、そしてそれらを持ち帰り
生活に取り入れてもらうこと」です。
そんな小さな提案ですが、会場にてぜひご覧ください。




at 01:00, connichi-wa, 販売

comments(0), -

ボタン

もったいない(勿体無い)ってね、「物体(もったい)がない」ってことで、物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ちを表しているそう。
素敵な日本語のひとつです。
古いものを大切にする気持ちも、和心ですよね〜
そこで古道具屋さんで出会ったボタンを販売しようと思います。
手芸屋さんでは、見られないような懐かしいボタンたちです。
昔、おばあちゃんのカーディガンについていたような赤いボタンや
おじいちゃんのワイシャツについていたカフスボタン...
あなたのアレンジで新しいカタチに変身させてください。
たくさんご用意していますので、お好きなボタンを見つけてくださいね。(な)



at 13:28, connichi-wa, 販売

comments(0), trackbacks(0)